What's New

1

リウマチ 悪化の誘因と対策
一般的にリウマチと呼ばれている病気は「慢性関節リウマチ」をさしています。
この慢性関節リウマチは、関節の炎症と痛みが次第に全身に広がり、
進行すると変形や機能障害などの症状が現れます。
現在、全国で慢性関節リウマチに悩む患者さんは70万人とも100万人ともいわれ、
人口の高齢化に伴い年々増加の傾向にあるといわれています。
また、男女別では1対4と圧倒的に女性に多く、30~50歳代での発症が最も多いこともわかっています。

 
リュウマチ性疾患を分類する5つの原因
 ・ 外傷や加齢にともなう骨、軟骨の変形によるもの
 ・ ストレスなどによる心因性疼痛症候群
 ・ 免疫異常によるもの
 ・ 細菌やウイルス感染によるもの
 ・ 代謝の異常によるもの
悪化の誘因
 × 気候 (寒冷時・高湿時・顕著な気温変化)
 × 風邪、その他感染症
 × 過労
 × ストレス
 × 偏食

具体的な対策【保湿】
リウマチの関節痛・対策には保温が欠かせません。身体を冷やさない工夫や、冷たい風雨に患部を
直接さらさない配慮をする必要があります。
夏は冷房を使用することが多くなりますが、冷気が身体に直接あたらないように配慮し、
また室内の冷えすぎにも十分注意をしてください。